<一人暮らし>寒い冬でもシャワーで温まれるポイントを紹介します

一人暮らしを行っている方の多くは、賃貸アパートなどに住んでいることが多いのですが、日頃から節約生活を送っている方も多い傾向にあります。

お風呂の場合では一人暮らしで湯船にお湯を溜めても水道代や給湯器で消費するエネルギーを考えた場合、コスト的に悪いのでシャワーで済ませている方も大勢存在しています。

ところが冬になるとシャワーだけでは寒さを感じてしまうことも多く、この問題はいくつかのポイントを押さえる方法で冬でも温まることは可能です。

まずは間仕切りを作る方法があり、湯船とシャワーを使う間に突っ張り棒とビニールシートで天井の高い位置で固定をする方法は簡単です。

空間が狭くなることで熱が逃げにくくなるので、一定の効果を感じることはできます。

次に足湯を作り出す方法があり、100円ショップで販売されているプラスチック製の容器などでも代用することができます。

実際にお店に行き、両足が入るサイズを選び、お風呂内でお湯を入れておき、椅子に座りながらシャワーを使う方法であれば足からの暖かさを十分に感じるので寒さ対策を行うことが可能になります。

他にはお風呂のドアが古いタイプの場合、ドアから熱が逃げてしまう可能性もあります。

この対策には窓ガラス用で、ある程度の厚みのある断熱シートを貼り付けると寒い冬でもシャワーだけで温まることはできるのではないでしょうか。

関連記事

おすすめ記事